kanariainko’s blog

悲喜こもごもな覚え書き

おばあちゃんのこと

 おばあちゃんに相談にくる人の

内容は様々だったけど私が

印象に残っているのは人探しだ

 

探したい人の住所・誕生日

名前を聞きそれを手がかりに

石神様に様々な聞き方で

きいてみる

時間としては1組の相談者につき

15分前後という感じだった

 

石神様を通して分かったことを

相談者に伝える

残念ながら明確に伝えることが

できない時もある

それは最悪の事態の時

その時は何をどう聞いても

分かることは見えにくいようだった

 

それ以外であれば

方角を伝えその方角で

更に詳しいところを

分かる範囲で伝える

すると後日相談者から

お礼の連絡が来る

 

尋ね人だけではなく

探しものや縁談、就職や受験など

相談されたことでみえることは

そのままを伝えていた

 

それからおばあちゃんが

「今誰か来た」というのに

誰もいない時は「挨拶に来たんだね」と

言っていた

すると訃報の知らせが来るのだ

いない人がそこにみえるとき

その本人が別な場所でケガをしている

こともあった

 

小さい頃からそんなことを普通のこととして

生活していたからどこのおばあちゃんも

そんなふうにみえるし、わかるものだと思っていた

 

中学になり何かの話の中で友達のおばあちゃんは

そういうことはできないと分かった時は驚いた

でも同時にうちのおばあちゃんみたいな存在を否定したり

嘘つき呼ばわりする人がいることも知った

だからそれ以降おばあちゃんを否定されるのが悲しいから

おばあちゃんのことは話さないようにした

 

みえる範囲

おばあちゃんに相談をする人が
我が家にはよく出入りしていた
ネットがなかった時代だから
口コミで人が訪ねてくることもあった

おばあちゃんは自分が
今やっているようなことを
孫の中で誰が継げるようになるかを
時折口にしていた

私が小学生になった頃
おばあちゃんは
相談者が来たら部屋にいて
ばあちゃんのやり方を
見ていなさいと言った

おばあちゃんと相談者の
やりとりを見ながら
小学校高学年になった頃
私はおばあちゃんにずっと
抱いていた疑問をぶつけた

そんな風に色々なことが
分かるなら私を含めて
家族のことも分かるんでしょ?

おばあちゃんは笑って答えた

そうだよね、そう思うよね
それがね、自分のことや
家族のことは分からないの

それから真面目な顔になり
説明してくれた

自分や家族のことになると
「こうだったらいいな」とか
「こうでありますように」とか
希望や願いが念に入るから
まっさらな気持ちでいられないから
見たいものしか見えなかったり
自分に都合がいいように
歪めることがあるから

そっか、そういうものかと
納得した

老いを見守る

母からの電話

親からの朝早い電話に焦るような
心持ちになるようになったのは
それが親の老いを感じさせるものが
何度かあったから

電話をもらい車をとばして
駆けつけると救急車の
サイレンが近づいてきて
同乗し病院へ向かう途中
救急隊員の方に昨日の様子や
食べた物を聞かれても
答えられない自分に
その時に気がついた
すぐ駆けつけられる距離にいるのに
私は親のことをいざという時に
何も知らないのだと愕然とした

その時から親には
週に何度かは電話し
1週間に1度は家に
行って様子を見ることにした

幸い今日は緊急性はなく
日曜日も診療している
病院を探して受診した

おばあちゃんが倒れてから
亡くなるまで何度か
危篤の知らせを受けて
病院へ駆けつけた
その都度駆けつけると持ち直し
それを繰り返して何度目かの時に
駆けつけるとおばあちゃんは息を
引き取っていた

葬儀が全てすんだ時に
「おふくろは何度も危篤になり
持ち直してそうやって家族に
心の準備をさせてくれたような
気がする」と父が呟いた

自分の親の老いを
近くで実感していくのは
正直辛いし悲しいし
なんとも言えない不安な
気持ちになる

でも突然逝かれるよりは
ずっといい

不公平に思うこと

人に仕事を丸投げしておいて

自分は就業時間中にも関わらず

動画視聴や私用での外出をしまくる

 

せめて資料だけでも目を通しておいたほうが

よろしいかと思います

 

差し出された資料をいやいや受け取り

 

渡されてもどうせ見ないよ

めんどくせぇ

 

はっきりと言ってのける

 

無能だからからやきなのか

からやきだから無能なのか

ごますりとおべんちゃらだけで

上のポジションについたものだから

真面目に仕事をこなす人間や

能力がある人間は目の敵のようにして

業務をどんどん押し付けてミスに

追い込み潰しにかかる

心が病む原因を作っておきながら

もともと精神疾患持ちだったんだろう

とあることないこといいふらす

一切仕事はせずパワハラセクハラを

くり返し外部からのクレームはもみ消す

 

真面目に仕事をしているのに

コロナ禍で失職したり収入が

激減した人たちが大勢いる

 

それなのに

仕事をしない給料泥棒は失職もせずに

今日ものうのうと生きている

 

世の中不公平だなと感じる

 

 

 

 

 

 

 

仕事と約束

朝から今日は作業が多いのに
夕方のzoom会議もあり
定時にあがれるか不安になった

今日はこどもと約束がある日
仕事でキャンセルや遅れても
きっと「仕方ないね」とすんなり
諦めてくれるのが分かるからこそ
絶対にキャンセルや遅刻はしたくない

わがままを言ったり
駄々をこねたりして
私を困らせたことがない

きっとそんなことしても
仕事優先されると
諦めてるのだと思う

定時少し前に会議が終わり
それでも色々話足りない人達は
話し合いをしている中
後片付けと挨拶をして
約束の場所に向かう

途中でこどもに向かっていると
伝えるためにラインをする
「仕事でダメかなと思ってたけど
今日は大丈夫だったね」
車に乗り込んできたこどもは
嬉しそうにそう言った

約束を守れないことがあるのは
仕事の方が大事だからじゃないよ

そう言う私にこどもは
黙って頷いてくれた

クローズアップ現代

少年犯罪の本は
目についたものは
全て目を通してきた

ひとり忘れられない人がいる
もうこの世にはいないその人は
加害者としてこの世界から
消えたけれどその人は人生の
半分は被害者としての面が
強かったと私個人は思っている

クローズアップ現代を見て
いるうたあにまたその人を考えていた

理想の1日

お弁当を作り身仕度をして
時間がくるまで部屋の掃除

こどもを運動公園まで車で送り
前から行きたかった遠めの
スーパーに寄り買い物
普段行くスーパーとの違いが
新鮮でアレコレ買いこみ帰宅

録画した番組を編集しながら
好きなものだけを並べた昼食
食後は最近お気に入りの
YouTuberさんの動画を楽しみ
ながらしばし休憩

お風呂掃除を隅々まで念入りに
してからしばしまた休憩

こどもからのラインで学校に
迎えに行くと着いた途端強い雨
こどもが出てくるまで本を読み
待っていると「ただいま」と
乗り込んできたこどもと一緒に
マックのドライブスルーへ

前から気になっていた
ミルキーとのコラボ商品の
名称を長々とマイクに話すと
普通ママの味まで言わないしと
こどもにつっこまれながら
味わったシェイクは想像以上の
甘さでびっくり

お昼は運動公園から学校へ向かう途中で
ラーメンを食べて学校着いてからお弁当を
食べたから夕飯はパスとこどもが言うから
夕飯に茶碗蒸しを作ったものを冷やす

仕事も家で出来たらストレスがないのに